案内所

f:id:Yata-Tetsu:20190923015143j:plain

ようこそ、やたてつのブログへ

Welcome to Yata-Tetsu's diary!
 

f:id:Yata-Tetsu:20190918035155p:plain

 

 本日はお越しいただきありがとうございます。最新記事は、PCの方は右側、スマートフォンの方は下の"Recent Entries"よりお読みいただけます。

 

 ご覧になりたいコンテンツを以下よりお選びください。

 

  

筆者について

 

 はじめてまして。やたてつと申します。

 中学生の頃に「yyyy」というハンドルネームでネットの海に乗り出して以来、YouTubeで「矢田鉄」として動画投稿をしたらちょっとだけ有名になってしまい、以来「やたてつ」というハンドルネームで活動しています。

 名前の由来は最寄り駅である近鉄南大阪線 矢田駅です。

 

好きなもの

・駅や車内の自動放送。特に近鉄JR西日本。言語数が多ければ多いほど喜びます。
 自動放送は好きですが、肉声放送はそんなに好きではありません。

・駅の発車案内。LED式、パタパタ式。近鉄等のパタパタを10基ほど所有しています。

  

駅自動放送関連

 JR西日本の駅放送については、投稿した動画を路線・駅単位でまとめて記事にしています。以下のリンクよりご覧ください。

 

 

f:id:Yata-Tetsu:20190922033407p:plain

 

 

 近鉄の車内放送は以下から。

 

f:id:Yata-Tetsu:20190922033631p:plain

奈良線・大阪線・橿原線・京都線

南大阪線系統

名古屋輸送統括

 

近鉄の駅放送について

 近鉄の駅放送に関する記事は検討中でございます。お手数をおかけしますが、YouTubeよりご希望の放送をお探しくださいませ。

 

車内放送関連

 ご希望の車内放送を、次のYouTube再生リストよりお探しください。

 

 

f:id:Yata-Tetsu:20190922031954p:plain

f:id:Yata-Tetsu:20190922032325p:plain

f:id:Yata-Tetsu:20190922033114p:plain

 

放送文面(スクリプト)集

 JR、近鉄の車内放送を文字起こししたものをまとめています。

 

yatatetsu.hatenablog.com

 

駅電光掲示板の表示再現

 JR西日本 アーバンネットワーク内や岡山駅、広島駅等で使用されている電光掲示板の表示を再現しています。

 

f:id:Yata-Tetsu:20190922034151p:plain


 なにぶん1人で収集してますのですべてを網羅できているわけではありません。再現されていない表示がございましたら、お知らせください。

 

おすすめコンテンツ

SUNTRAS型放送の基礎知識

f:id:Yata-Tetsu:20191127233139p:plain

 

 JR西日本が誇る駅構内放送「SUNTRAS型放送」を極めるならまずはこの記事から。自動放送が流れる間隔は?担当している声優は?英語放送が流れる条件って?など、知っておいて損はない知識が目白押しです。

 

最適な放送・表示案内を考える

f:id:Yata-Tetsu:20191127023056p:plain

 

 何気なく聞いているアナウンス。何気なく見ている案内表示。「もっと良い案内方法はないの?」と批判的な目線で追求する記事です。

 

ヒゲ文字

f:id:Yata-Tetsu:20191127022411p:plain

 大阪の地下鉄が民営化されるはるか昔、大阪の地下を支配していたフォントがありました。レトロでどこか味がある。多くのフォントファンを魅了した魅惑の「ヒゲ文字」をのぞいてみませんか?

 

架空鉄道(日勝電車)

 一時期熱中して架空鉄道の設定に勤しんでいました。案内表示と自動放送を考えるためだけに作られた架空鉄道で、車両もダイヤもほとんど決まっていないという異端な架空鉄道です。ちなみに元ネタはA列車で行こうDSのシナリオマップです。

 

f:id:Yata-Tetsu:20190922035617p:plain

 

掲示板・お問い合わせ

 そのほかのご質問やお問い合わせは掲示板からお願いいたします。

 

掲示板

 

おのりかえ

YouTubeチャンネル

Twitter @yyyy_yatatetsu

Niconico

巷で酷評されている阪神電車の車内自動放送を聞いてきました

f:id:Yata-Tetsu:20200221130241j:plain

 

阪神電車では、直通先の近鉄タブレット端末を用いた自動放送を導入したのにあやかり、自社でも同様のシステムの自動放送を導入しました。

 

とはいえ「設備はあるしうちも試験で導入してみよか」くらいのノリでしょうか。タブレット端末を繋ぐためのコードが近鉄直通対応車か近鉄の車両にしか装備されていないため、自動放送が流れるのはなんば線の電車と快速急行のみです。そのほかの列車では流れません。

 

近鉄、南海、京阪に次ぐ導入だと楽しみにしていましたが、蓋を開けてみますと「相当ひどい」と話題です。東花園行き各駅停車をリベンジするついでに阪神線の車内自動放送も録音してきましたので、所感を書き記しておきます。

 

そもそも問題視されている点は?

阪神電車タブレット放送が槍玉に上げられたのはこの自動放送が機械合成音声を用いて作成されているためです。

 

機械合成音声とは、いわゆる「ゆっくり」のような文章を音声にして読み上げるものです。歌わず喋るボーカロイドみたいなものとも言えます。

 

ぜひ実際の放送を聞いてみてください↓

 

 

 

無機質で単調な声であるのが特徴です。加えて発音が不安定であり、音同士が不自然に繋がったりアクセントの位置が違ったりというのが頻繁に起きます。そしてこの特徴を飲み込めるかどうかで好き嫌いが非常に分かれるのです。

 

当然ですが、発音の自然さをみた時、人の声そのものではない音声が人の声に勝ることはありません。まともにイントネーションを付けられないくらい低レベルのものはさておき、ある程度の違和感は仕方がないものと割り切って評価するのが筋というものです。

 

では阪神電車の車内自動放送を聞いてみましょう。最初はまともですよね。確かに日本語放送は“割と良くできている”のです。問題は英語放送でした。

 

日本語はまとも。英語は大問題。

英語放送について見てみましょう。表現については、たとえば「尼崎行き各駅停車」を"This is a local for Amagasaki."("local TRAIN"でないと不適切)と流したり、

「お降りの際は足元にご注意ください」が"Please be careful when you leave the train."「電車を降りるときは注意!」(何に注意するの?がない)になっていたり、

不安定な面はありますが、そんなものは発音に比べれば些細なことで大した問題ではありません。もうとにかく英語放送での固有名詞の発音がひどいのです。

 

"Osaka-Umeda"

アクセントは「おーさかうめだ」ですよね。この自動放送では「おーさかうーだー」になってしまっています。伸ばしていい母音全部が伸ばす音になってしまっているため、原形がなくなってしまっているのです。

ちなみに"Osaka-Namba"も同様にアクセントの位置が無茶苦茶になっています。

 

"Dome-mae"

"Sennichimae Line"

合成音声はとにかく「まえ」の発音が苦手です。なんせ"a"の発音は本来「あ」ではなくエイビーシーの「エイ」ですから、"mae"と打つと「めえー」になってしまうんです。

なるほど、"a"を「エイ」と読むのなら、"ma e"と区切ればうまく読んでくれるんじゃないか。今度は"e"の発音は「え」ではなく「いー」ですから、"mae"が「まいー」になっちゃうんですね。機械って難しい。

なので読ませる時に"mar eh"(※区切るのが重要!)と打ち込んだりして調整するのですが、阪神電車はこれをしちゃったせいで「せんにちまぁえぃらいん」になっちゃってます。

これ、阪神電車が悪いというより合成音声ソフトの質の問題です。

 

"Higashi-Hanazono"

「ひがすぃーはなぞのー」になっちゃってました。うっかりヘボン式にし忘れて"Higasi-Hanazono"で打ち込んだときにこうなります。こればっかりは阪神さんのミスですね。

 

f:id:Yata-Tetsu:20190918035155p:plain

 

私自身は合成音声を使用した放送にかなり賛成している人間なのですが、現在存在する日本国内の合成音声ソフトの技術ではこの程度の音声しか作れないものかと本当に落胆しました。

使用用途として「構内アナウンスなどに!」などと大々的に書いておきながら、実際には地名の1つや2つもまともに読めない(もしくはそれを読むようなモードなどを搭載させていない)のです。これでは日本企業の合成音声をあえて使う意味がありません。

 

海外の合成音声を見てみれば、たとえば「Animaker Voice」のような高性能な合成音声が存在します。

 

 

こういった自然で聞き取りやすい合成音声を採用してみてはどうでしょうか。

 

Written by Yatatetsu ... All Rights Reserved