昨年9月に発生した虚偽の通報騒動と一連のなりすまし事件について

2020年9月に発生した、近鉄津駅の自動放送集に対する虚偽の著作権侵害通報による動画削除と、それに続いて悪質なユーザーにより行われているなりすましについて、ご説明いたします。

 

事の発端について

事の発端は、当方がチャンネル内で2020年9月14日に公開した、「近鉄津駅 ミニ自動放送集 英語放送導入後【近鉄最長の接近放送?!】」に対し、「安濃津列車区」というユーザーから著作権侵害の通報が届き、動画が削除されたところから始まります。

 

このユーザーは、東海地区の近鉄名鉄の駅・車内放送を主に投稿していたユーザーでした。このユーザーを以下では「T氏」と書きます。

 

 

この件に対し、T氏と連絡をとり、まずはなぜ当方の動画に対し通報を行ったのかを質問したところ、

 

f:id:Yata-Tetsu:20210703013511p:plain

 

f:id:Yata-Tetsu:20210703013955p:plain

 

サービスセンターごっこに付き合わされる羽目になりました。

 

ちなみにT氏は津市在住の男子学生でした。T氏の行った通報の不手際により、T氏の氏名がこちらに開示されていましたので、検索をかけてみると一発でいろいろ引っ掛かりました。が、それらは本筋と関係がないので省きます。ただし、今後の相手の態度次第では、こちらについてももっと踏み込んだ情報まで公開します。

 

 

T氏への質問には、T氏の著作権侵害通報に対する矛盾点を上げておきました。

 

1.収録時にモノラルではなくステレオの設定で収録されており、左耳からしか音声が出力されていない点

T氏の使っていた「ECM-360」というマイクと「DR-05」というICレコーダーを初期設定のまま使用すると、モノラルマイクの音声をステレオで収録することになり、左耳にしか音声は入力されず。右耳側は無音になります。つまり、T氏は収録時に収録ミスを行っているのです。

 

2.列車の出発時刻が合致しない点

名古屋統括部の駅放送は、特急の接近放送と到着放送において、列車の出発時刻を放送します。それがT氏の収録している列車と合致していれば、その音声だけを無断で当方が使用したものと誤認されたというのも一万歩くらい譲って理解できますが、そもそも放送されている出発時刻も異なるのです。

 

これを踏まえたうえで、「何をもって著作権侵害と判断したのか」「著作権侵害を取り下げる意向の有無」を問いました。

 

この質問に対する回答が次の通りです。

 

 

f:id:Yata-Tetsu:20210703015135p:plain

 

f:id:Yata-Tetsu:20210703015210p:plain


T氏の主張をまとめると

 

・モノラル録音で投稿しているからと言って、そっちが音声編集ソフトでステレオ変換したらステレオ音声として使えるので、お前が当方の音声を無断で借用した可能性は消えない

 

これは一理あります。ぐうの音もでない正論です。

 

 

・収録している列車の出発時刻は違うかもしれないが、男声の「特急ひのとりが」という音声は津駅でしか流れないものであり、この部分だけを借用した可能性があるため、全体を借用したわけではなくとも、一部分の音声パーツだけを無断で使用したことが考えられる

 

これがひどい。

 

なんでどこの馬の骨かもわからないT氏の動画から、「特急ひのとりが」という数秒の音声だけを盗ってきて自分の動画に張り付ける必要性があるのでしょうか。どこまで自分の動画に価値があると思ってらっしゃるのでしょうか。

しかも全部「盗った事実を認めた」わけではないですからね。ぜんぶ「可能性がある」だけでT氏の中では被害があったことになっています。

 

正直、この時点で何を言っても無駄なんだろうとはわかったんですけど、事件はこの虚偽の通報による削除だけで終わりません。

 

 

当方の動画を削除した数日後に、T氏はこちらが投稿している動画のデザインを完全に丸パクリした「津駅 自動放送集」を投稿します

 

つまりこの事件は、当方が投稿した津駅の自動放送に関する動画を削除して、自分で同じ内容の動画を投稿すれば、視聴数が稼げるだろうという腐った魂胆から行われた、実にしょうもない事件だったわけです。

T氏は津市在住ですから、最終電車の放送など私が狙いづらい放送を録ることも容易であり、ネタだけなら私よりも充実した動画を投稿できるわけです。しかし、視聴数や評価が割に合わない。そこで私の動画が邪魔になり、虚偽の著作権通報でこっちの動画を削除し、自分の動画一本にすることで数稼ぎをしたかったようです。

 

はっきり言いますが、YouTubeでの動画の視聴回数は、ライバルがいないとかそんな些細なことでは増えません。YouTubeは新規参入しづらい動画サイトともいわれており、その一番の理由が、そもそもチャンネル自体へのアクセス数が多くないと、検索結果で上位に上がってこないからです。あまりにも考えが浅すぎます。

 

この視聴者数・評価ありきだという魂胆は、T氏の返信からもうかがえます。

 

 

f:id:Yata-Tetsu:20210703021015p:plain

f:id:Yata-Tetsu:20210703021026p:plain

 

これは、T氏から要求された、今回の著作権侵害通報を取り下げるための当方に対する要求です。

 

「お前のチャンネルでこっちのチャンネルの動画を広告しろ。その代わり、こっちもお前の動画を載せてやるからな」

「小規模なチャンネルにも配慮すべきだ」

「これからは、お互いに似た内容の動画を投稿したときには、互いにリンクを張って評価をよくしよう」

 

???

 

数多ある同業者のチャンネルを逐一チェックし、内容が被っていればそのリンクも掲示するなんて面倒くさいことを、何の恩義でしないといけないのでしょう。それを虚偽の通報に対する和解案として、損害を被った側であるこちらに要求してくるというのも甚だおかしい話です。

当然断りました。

 

 

f:id:Yata-Tetsu:20210703021715p:plain

 

そしたら「穏便に解決する意思はないようですね」と言われました。大ブーメラン

何もしていないのに盗用した疑惑があるというだけで手を出されて、その解決法としてステマ行為を要求されて受け入れる馬鹿がどこにいるというんですか。ちゃんと学校で人付き合いを学びましたか?

 

 

ブーメラン祭りも盛り上がってまいりました。いよいよ第一部クライマックスです。

 

 

f:id:Yata-Tetsu:20210703022007p:plain

 

「(動画のデザインを)転載したのですから、仕方ありませんよね」から始まる人格攻撃。転載じゃなくて盗作を指摘してたんですけどね。そして極めつけは、

 

「貴方も転載の可能性がある行為に至ったことを反省し、誠意を見せることが条件です」

 

????????

 

 

なるほど、日本の司法が刑事訴訟において「疑わしきは罰せず」を原則にしている理由が分かりました。被害妄想でなんでも罪に仕立て上げられたらたまったもんじゃないですね。

まあ、今回みたいな民事の揉め事ではこうやって起こりえるわけですけど。

 

 

ここで相手に対し、こちらから質問を返します。

 

 

f:id:Yata-Tetsu:20210703022809p:plain

f:id:Yata-Tetsu:20210703022918p:plain

 

実は、2016年8月の時点で、津駅の放送は自分が動画で取り上げていたのです。しかも当時はT氏が使っていたマイクと同じ機種のマイクを使っていました。また、津駅のスピーカーは2016年当時から一切更新されていませんでした。

 

同じスピーカーで、同じマイクを使用して録音した音声なら、音声波形はもちろん含まれている雑音もほぼ同じものになります。そのうえで、こちらがT氏に対して音声の借用を指摘した場合は、どうするつもりなのかと。

一部分でも借用した可能性があるとT氏が言い出したのですから、こちらの音声を一部分でも抜き出した可能性について、どのように考えているのかを問うてみました。

 

 

そうすると、「通報を互いに取り下げて、今後一切かかわらないこと」だけに要求が緩和。

 

違う、違う。そうじゃないんですよ。要求を引き下げることが目的じゃないんです。本質が分かっていないですね。

 

 

f:id:Yata-Tetsu:20210703023753p:plain

f:id:Yata-Tetsu:20210703023801p:plain

 

ということで、こちらからT氏に要求を行いました。

 

 

1.互いに今回の権利侵害は取り下げない

T氏は視聴回数などの評価がどうしても欲しかったようですので、すでにこちらが動画デザインの盗作で通報した動画で評価稼ぎをさせないのが目的です。こんな輩に動画デザインを使われること自体が侮辱行為でしたので、まずこの行為を許せませんでした。

ちなみに、著作権侵害通報で消えた動画でも、同じファイルをそのまま再アップロードするのではなく、動画の長さやファイルの容量を変えて投稿すれば、YouTubeは別の動画ファイルとして認識するため再投稿が可能になります。

再投稿の動画で「許可なき動画デザインの盗作は固くお断りします」という字幕が増えたのは、動画の長さを変える必要があったための措置でした。

 

2.動画デザインのコピーを即時取りやめる

字面の通りです。低俗な人間に動画を盗作されても困りますので。

 

3.今後は著作権侵害を「疑いがある」だけで行わない

自分だけではなく他の同業者にも被害が及ぶ可能性があったため、きちんと確証が取れてから通報を行うように求めました。

 

結果はこちら!!

 

 

f:id:Yata-Tetsu:20210703024826p:plain

 

俺は正しい!

お前が悪い!!

俺の苦労を無駄にしやがって!!!!

どこまで見下げた人間なの!!!!!!

 

のち、ブロック。

 

第一部

fin.

 

 

これが虚偽の通報による動画削除事件と、いったん落ち着くまでの流れでした。

 

現状

これで終わってくれていたら笑い話で済んだんですけどね。終わらなかったので記事にしました。今日で事件が起きてからちょうど1年なんです。そろそろ終わらせないといけないなと思いまして。

 

このユーザーは、現在も「なりすまし」と当方への「いやがらせ」を目的にしたTwitterでの活動を行っていますYouTubeのなりすましチャンネルはずっと監視してきましたが、なりすましのアカウントは9月13日までになぜか削除されました。

すでになりすまし感をなくしてカモフラージュしている「null」というチャンネル名のアカウントもありますが、こちらは現在なりすましを行っていないのでいったん触れないでおきます。

 

チャンネルは半年に1回くらいのペースで、削除しては新しく作って転々とさせているので安心できません。新しいチャンネルを作るたびに私と親しいチャンネル運営者などにちょっかいをかけて、それで私のところに報告が来るというのが続いている状態です。

 

Twitterでは @yyyy_yadatetsu というIDのアカウントでなりすましを行っているのを確認しています。また、なりすましは行っていませんが @Series1700_E39 というアカウントもT氏のものです。

もし見かけたりコメントが来たりしたら、削除・ブロックするとともに、なりすましを行っていればなりすましとして積極的に通報していただければと思います。また、ほかにもT氏のものと思われるアカウントを見かけましたら、ぜひ当方にもDM等でこっそり情報をお寄せください。

 

特徴は、

・漢字変換が普通ではない(最近は頑張って一般的な漢字・語彙を使うように抑えているようです)

・読点が「、」ではなく「,」もしくは「, 」(コンマ)を使う傾向にある(絶対ではない)

三重県もしくは愛知県周辺の鉄道に関する話題が中心である

・「駅メモ」もやっているようです。ID「ZVZRJW5628」

・英語でメッセージを送ってくることもあります。英語は砕けた英語ではなく、受験英語的な、接続詞等で文章同士の繋がりがわかりやすい固い英文です

 

T氏が書く文章の特徴を知りたいという方は、当時のT氏が投稿したウェブページで唯一残っている、ツイフィールのリンクを貼っておきます。ぜひご一読ください。

 

 

 

ここからはT氏に対する警告です。

 

あなたが自身の罪を認めて謝罪し、今後そういった不適切な行動を行わないと宣言しない限り、あなたを赦すつもりはありません。

虚偽の通報で動画を削除したこと、動画デザインの模倣を禁止したあとにも故意に似せた動画を投稿したこと、なりすまし行為を行なっていること、すべて証拠を残してあります。

 

このまま嫌がらせを続けば、さらに一歩踏み込んだ措置についても検討しております。

 

今後も姿勢を変えないようでしたら、覚悟しておいてください。地の果てまで追ってでも責任を取らせます。

Written by Yatatetsu ... All Rights Reserved